真皮

美肌をキープするうえで重要な真皮について

真皮は皮膚の中の一つの層で、肌の弾力や肌のハリを保つ役割がある。
真皮の構成として水分を除くと7割近くはコラーゲンでできている。
コラーゲンはたんぱく質の一種で身体のあらゆる組織に含まれていて、細胞をつなぎとめる働きがある。
肌においてはしわやしみを防いで、肌のハリやツヤを作る上で大切なのがコラーゲンなのだ。
しかし真皮にあるコラーゲンは加齢とともに減少していきハリやツヤ、弾力は失ってしまいがちになる。
真皮にはエラスチンというコラーゲンを繋ぎ止める成分もあるのだが、加齢とともにこのエラスチンも減少していく。
つまりハリがあって艶のある肌を維持するためには、加齢とともに減少しがちなコラーゲンとエラスチンを維持する必要があるのだ。
そのためには基礎化粧品で補っていくのが重要だ。
コラーゲンやエラスチン配合の化粧品は売っているし、高い保湿成分と言われるセラミドやヒアルロン酸なども売っている。
いい保湿成分が配合されている化粧品は料金が高いけども、美肌をキープする上で重要な成分なので、ケチらないで化粧品には投資したい。