バリア機能の低下

肌トラブルのもとはバリア機能の低下

肌の内側から湧き出る水分を角層に蓄える機能を肌のバリア機能と呼ぶ。
肌の潤いを保つには、バリア機能がしっかりと整っていることが条件となる。
逆にバリア機能が働いていないと外部刺激から受けやすくなり肌トラブルのもととなる。肌の乾燥、かゆみ、肌荒れの原因となるのだ。
角層にはたくさんの細胞が積み重なってできており、細胞同士の隙間をセラミドなどの角質細胞間脂質が隙間ができないように埋めている。
角質細胞間脂質とは、角質層の細胞と細胞の間にある脂質の事を言う。代表例として挙げられるのは一番の保湿力を誇ると言われる成分セラミドだ。
角質細胞間脂質が角層内を隙間を作らず埋めていることで肌のバリア機能が機能しているのだ。
しかしながら、セラミドなどの保湿成分が減少していくとバリア機能が正常に働かなくなる。
いつまでも改善されない乾燥・肌のかゆみ・肌荒れで悩んでいる人はバリア機能が働いていないのでは?と疑う視点も必要だろう。
セラミド配合の美容液などで肌をスキンケアしてあげて、肌自らが潤いを作る作用を化粧品でサポートしてあげることがバリア機能の働きに役立つ。