化粧品の保湿成分

化粧品はどんな保湿成分が入っているか

基礎化粧品には様々な保湿成分が配合されています。
肌トラブルに悩むときどの化粧品を選ぶべきか迷ったことは誰しもある経験です。
化粧品を選ぶときまず第一はスキンケアの基本である保湿成分がしっかりと入っているかどうかです。
保湿が出来てないない肌は肌トラブルのもとになるからです。
肌トラブルに悩みながら、肌が乾燥している、ヒリヒリするといった症状に悩む方は特に保湿をするべきでしょう。
化粧品を選ぶ際、美肌にいるために是非選びたい保湿成分をご紹介します。
ざっと上げていくと次のような保湿成分に注目しておきたいです。
セラミド・スフィンゴ脂質・ステアリン酸コレステロール・ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン・へバリン類似物質
天然保湿因子・PG・グリセリンなどが挙げられます。
一番保湿力があるのはセラミドです。セラミドは強力な保湿成分を持っているのですが化粧水では補うのが難しいので美容液で補充するのが正解です。
セラミド配合の化粧品は料金が少し高いです。セラミドの化粧品が買えない場合は、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合している化粧品なら一般的なので
ヒアルロン酸、コラーゲンが入っているかに着目するといいです。