肌と紫外線の関係

肌の老化を進行させる紫外線

紫外線対策なしで平気で外出する女の子は多いですが、紫外線の対策を若いうちからしておかないと年を取ってから肌が大変なことになります。
シミ・しわ・肌のたるみがひどく目立つことになるでしょう。最低でも日焼け止め(UVケア)をして外出するべきでしょう。
紫外線が当たった肌は肌の老化を進行させます。
肌は紫外線が当たると肌を守るためにメラニン色素を分泌しますが、メラニン色素が上手く排出されないとシミの原因になりますし、
紫外線により真皮のコラーゲンにダメージを受けシワやたるみの原因となります。
年齢が若いうちはUVケアしなくてもメラニン色素の排出がスムーズに進むかもしれませんが、肌の老化が進むと簡単にシミの元になるので気をつけましょう。
30代を超えたらUVケアは必須です。買い物や仕事で外出する時だけでなく、家にいるときもUVケアするべきです。
屋内でも紫外線A波は窓を通して肌にダメージを与えます。
曇りの日も晴れの日に比べて紫外線量は少ないものの、シミの原因を作るのに十分なほどの紫外線量はあるので曇りの日も日焼け止めは必須です。
夏だけでなく春秋冬もUVケアしましょう。
また女性なら生理前は女性ホルモンの一つプロゲステロンの分泌が増えます。
プロゲステロンは紫外線感受性を高めるホルモンなので生理前はいつも以上に紫外線対策がするべきです。